車検前にチェックしておいた方が良い事

葉01

 

車に乗っている人が多い現在ですが、車を持つと言うことはしっかりとメンテナンスをしなければいけないと言うことになります。

 

したがってそのために車検という物が行われるようになっています。車検は決まった期間に車のあらゆる部分を調べてもらうと言うことになっていますが、車検前にチェックしておいた方が方がよいことがいくつかあります。それは必要書類の確認と駐車違反の反則金滞納の確認です。この他に自分でできる整備に関しては少しやっておくと、車検の費用が安く抑えることができると言うこともあります。

 

車検を業者に依頼するときには、自動車検査証と納税証明書と自賠責保険証明書が必要になります。自動車検査証に関しては車検証と呼ばれているもので、所有者や車両重量や有効期限などのデータが書かれています。納税証明書は毎年5年ごとに支払う自動車税の納税証明書になります。そして自賠責保険証明書は必ず入らなければいけないとされている強制保険となっています。

 

この自動車検査証と自賠責保険に関しては、車の中に一緒に保管されていることが多いので確認をしておきます。また車検の前に車検見積もりを行って、自分でできそうな整備や作業があればやっておくとその分の車検費用を抑えることができます。