最低地上高路面とボディ下部が9センチ未満の車高の場合

日本の車両保安基準では最低地上高が決められております。

 

これは水平な状態の路面と車体の一番下部との間のスペースが垂直距離で九センチ以上なければいけないと規定されています。車輌により最下部の部分がマフラーの消音装置であったり、エンジン底部のオイルパンであったり、エアロパーツと呼ばれる空力装置であったりします。車高が低ければ重心が低くなり安定性や空力面で有利になるスポーツカーや、オフロードでの走行を考慮してロードクリアランスを確保する方向のオフロードカー等自動車のタイプ別により、各メーカーは最低地上高を設定しています。基準を満たさない最低地上高の場合ですと路面状況や障害物により車体下部に取り付けられている装備等が地面等と接触する可能性が高まり様々なトラブルの原因となりえると考えれています。そのような事から車検に合格する為の基準が設けられています。市販の自動車用部品としまして、高さ調整機能が備わったサスペンションなどが認可されていますが、これらを装備していても最低地上高は確保しなければいけません。

 

 

その他にも小径のタイヤ等を装備したり、スプリングの全長を短くして車体を低くする事例も有りますが、いずれも車検に合格する事は出来ません。

コメントは受け付けていません。