‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

車幅よりも長いスポイラーの場合

2014/10/28

スポイラーという名称のパーツは自動車車体の外部に装着する事で空力性能の向上を目的とする外装部品の事です。

 

ドラム

ダウンフォースとして走行中の自動車の周りの空気を整流する事で地面に対して押し付ける空気の層を造り安定性を高めたり整流する事で空気抵抗を軽減する目的があります。自動車メーカが標準装備するパーツやオプションで用意しているパーツと社外部品メーカーが販売するパーツがあります。メーカーが扱うものは車検に基準に合致していますが、一部の社外品では基準に適合してないパーツがあります。車検では外装部品についての基準が有ります。取り付け方法やパーツの材質などと共に寸法の規制があります。車検証に記載されている車輌の車幅や前後長、車高の範囲を超えて装備されている場合には車検には合格する事は出来ません。この場合にはこうした外装パーツを装着する事により認可された自動車の外寸が変わってしまうからです。車検時以外にも自動車を正面や真後ろ、真横から目視してパーツがはみ出してると確認されたケースでは整備不良として警察の取り締まりの対象にあたります。

 

 

車体の外寸より長い外装部分の場合には他の自動車や歩行者に対する安全性の確保の為に認めれていません。

車外へはみ出したタイヤの場合

2014/10/28

車検が通らない事例に車外へはみ出したタイヤがあります。他人へ迷惑をかける行為や危険を及ぼす恐れがある場合は保安基準に違反し、整備不良で取り締まりの対象となってしまいます。もし違反したまま公道を走ってしまうと、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。クルマの純正品を使っている場合はまず心配はないでしょう。

 

 

 

ではなぜはみ出すと危険なのでしょうか。
例えば、細い道ですれ違う際に対向車に当たる可能性があり危険です。それだけでなく、車輪の外形が変わることでスピードメーターが誤作動を起こす場合もあります。ブレーキやクルマ自体にも不具合を起こす原因になるおそれがあります。

 

 

もし、車輪やホイールがはみ出してしまっている場合に車検は通りませんが車検までにきちっと対応すれば問題ありません。
例えばホイールが出てしまっている場合は、純正品のホイールに戻すことが一番です。またはホイール自体を加工してオフセットを深くするという手段もあります。車輪のインチアップではみ出しているような場合はディーラーが用意しているオプションのモールをフェンダーに貼付けることで対処できる場合があります。

 

 

何にせよ車検が通らないということは危険があるクルマだということです。しっかりと安全基準に適合したクルマに整備しておきましょう。

最低地上高路面とボディ下部が9センチ未満の車高の場合

2014/10/28

日本の車両保安基準では最低地上高が決められております。

 

これは水平な状態の路面と車体の一番下部との間のスペースが垂直距離で九センチ以上なければいけないと規定されています。車輌により最下部の部分がマフラーの消音装置であったり、エンジン底部のオイルパンであったり、エアロパーツと呼ばれる空力装置であったりします。車高が低ければ重心が低くなり安定性や空力面で有利になるスポーツカーや、オフロードでの走行を考慮してロードクリアランスを確保する方向のオフロードカー等自動車のタイプ別により、各メーカーは最低地上高を設定しています。基準を満たさない最低地上高の場合ですと路面状況や障害物により車体下部に取り付けられている装備等が地面等と接触する可能性が高まり様々なトラブルの原因となりえると考えれています。そのような事から車検に合格する為の基準が設けられています。市販の自動車用部品としまして、高さ調整機能が備わったサスペンションなどが認可されていますが、これらを装備していても最低地上高は確保しなければいけません。

 

 

その他にも小径のタイヤ等を装備したり、スプリングの全長を短くして車体を低くする事例も有りますが、いずれも車検に合格する事は出来ません。

車検証に記載されているのと違う形式のエンジンを搭載している場合

2014/10/28

自動車の車検って色々なチェックポイントが有るのを知っていますか。

 

ここでは車検に通らないポイントを挙げて行きたいと思います。タイヤだったらスリップサインが消えてまで走っている場合、溝が無いということなので交換をした方がいいです。またタイヤの幅が大きて、車体より外側へハミ出している場合やホイールが大きく破損していてエア漏れの危険が有る場合などは車検に通らないです。このようにタイヤだけでもいくつかのチェックポイントが有り、車検を通過するのは大変だということです。その中でも車検証に記載されていないエンジンを積んでたら車検は通らないです。まずは載せ替えたら構造変更申請をしなくてはいけません、陸運局に保安基準を満たしていると認定されなければなりません。これが認定されれば保安基準を満たしている改造車と認められるので公道を走ることが出来ます。また申請をしなくてもいい場合が有り、形式や排気量が変わらない限りパワーを上げてもは必要ありません。

 

 

つまりNAエンジンからターボに付け替えても同形式であれば申請しなくてもいいのですが、排気量が変わるのであれば申請をしなければいけません。改造車が公道を走るには事故の危険があるので、車険でもチェックが厳しくなるんです。

車検が通らない事例とその理由について

2014/10/28

車検は新車なら3年、その後は2年ごとに更新して受けなくてはならない検査ですが、クルマの状況によってはこの車検が通らないことがあるのです。

サックス02

その理由は実に様々です。たとえば駐車違反の反則金未納でも拒否の対象になります。またフロントガラスにひび割れがあったりステッカーが貼ってあるなどでも通りません。エンジンルームなどに漏れや不適切な部分がある場合も通りません。ボディの形状が全長、全幅、高さともに車検証の記載内容と著しく異なるものになっている場合も通りません。規定外のマフラーを装着して入る場合も落とされます。最低地上高が9cm未満のクルマも却下です。ホイールが規定外のもので、かつ車体からはみ出ている場合も通りません。ヘッドライトの光軸がずれている場合も通りません。ウインカーのどれか1つでも点灯しない、ブレーキライトが正常でない場合も落とされてしまいます。ライト類のレンズにヒビや割れがある場合も落とされることになります。そのほか規定外のハンドル、ホーン、シート、シートベルトなどが装着されている場合も車検が通りません。

 

 

このようなポイントについては車検整備を行う工場に持ち込めば通るか通らないかが事前に確認できることになります。

ユーザー車検代行とは

2014/10/28

車検にはいくつかの種類があります。選び方によって車検の内容と費用が違ってきます。

 

もっとも一般的なのがディーラー車検です。

 

これは車を購入したディーラーにすべておまかせで車検をやってもらう方法です。手続きなども全てやってくれますし、資格を持った専門スタッフが検査してくれるので安心できるメリットがあります。ただし費用は高めになります。その他に車検専門業者に依頼する方法があります。ディーラーに比べて割安な値段で行えるのがメリットです。事前の見積もりや車検内容について相談しながら決めるられるので予算に合わせた車検が可能です。大手の専門工場では民間車検場の指定を受けているところもあるので、ディーラーと遜色ない安心できる整備を行ってくれます。最近人気があるのがユーザー車検代行という方法です。これは車の知識のあるユーザーが、自分で陸運事務所に運び込んで検査を受けるのです。そのため自分で整備やパーツの交換などができる人でなければ不可能です。すべて自分でやるので、必要なのは法定費用だけで、車検代行料などはかからないのです。そのため最低限の出費ですませることができます。

ギター02

新車で購入した場合での初車検などでは、検査をパスする確率は高くなります。

ユーザー車検について

2014/10/28

一般的に車検とは自動車ディーラーや修理工場に車を持ち込んで行われ、割と高額な費用がかかります。ギター01

 

そこで費用を少しでも安く抑えようと最近車の所有者自らが自動車検査登録事務所や運輸支局等に車両を持ち込んで車検を受ける方法が増えてきています。このように車検をユーザー自身が受検することをユーザー車検といいます。車の点検、整備を自身ですることになるのでそれ相応の知識と技術が必要となってきます。消耗商品の交換も自分で管理しブレーキ残量等も自分でチェックしなければなりません。具体的な車検の流れは、まず現在の自動車が車検を受ける状態であるかをチェックします。一例では、機能、装置のチェック内容としてワイパー・ウィンドウォッシャー、ホーン、マフラー、ドライブシャフトブーツ、ステアリングブラックブーツの項目などが挙げられ、これら以外にも様々な「車検に合格する最低限の確認事項」があります。これは受験予定の運輸支局に確認する必要があります。次に必要な書類、車検費用の準備をしインターネットや受検する運輸支局へ電話し予約します。そして車検当日の流れはまず運輸支局の近辺にある民間の予備検査場にて最終調整を行い、運輸支局で用紙を購入、作成します。そして自動車重量税、検査手数料を支払い、自賠責保険の継続加入手続きと、納税確認を行い、車検の受付となります。

 

 

自身で自動車にのり検査コースで受験を行い無事合格すると車検証が交付される、という流れとなります。車検費用は自動車重量税と自賠責保険の他に検査手数料がかかります。

業者車検とは

2014/10/28

『車検』と言うと、一般的にイメージされるものはいわゆる「業者車検」と言うものです。ガソリンスタンドや自動車整備業者・メーカーなど様々ですが、認可・未認可に関わらず業者を利用して車検を受ける方法がこれです。この他にも「ユーザー車検」と言う方法があり、こちらの場合は一部もしくは全部を業者依頼せずにユーザー独自で完結させてしまう方法です。この場合のメリットとしては、費用面での負担が必須となるものが「法定費用のみ」で済むため、非常に安く車検を取得することができます。

 

 

法定費用とは、ユーザー車検であっても業者を利用する場合であっても「一律」で必要となる費用の事です。車検を取得するためには最低この料金を納める必要があります。

 

 

業者を利用すると確かに料金は高くなってしまいますが、専門的な知識と経験を持ったプロが整備を行ってくれるため、完成度の高い車検となるメリットがあります。なぜ料金が高くなるのかと言うと、ほとんどの場合は様々なタイミングで業者が得るためのマージンが上乗せされるためです。

 

 

高い料金を支払って安心・安全を取るのか、もしくは時間や安定感を多少犠牲にしても安い料金で済ませるのかなど、自身の状況に合わせて適切に選択することが望ましいです。

葉03

車検の種類って?

2014/10/02

車検とは、義務として公道で車を走らせるために、2年に1回必ず受けなくてはいけません。新車購入の時のみ3年に1回です。受ける場所や方法はさまざまあります。まずは主に新車を扱っている自動車メーカーで設備や技術レベルが高く、信頼性がいいディーラーがあります。そして、均一価格で受けられる専門店のフライチャイズがあり、車の町医者的な存在の民間整備工場でも受けられ、自動車整備工場のことです。指定工場と認証工場2種類があります。そのほか、車に関する商品を扱っているカー用品店でもやっているにで、ここならなら気軽に来店できます。ガソリンの給油がメインのガソリンスタンドも受けることができ、行きつけのスタンドがあればそのまま申し込むことができ手軽で低価格で受けることができます。葉02格安で受けたい方は、ユーザーで点検整備や検査ラインでの検査をすべて代行してくれます。その代わり自分で陸運支局に行って書類の作成から検査ラインまで行う必要があります。この方法だと、時間が必要になります。忙しい方は書類の作成と検査ラインに通すだけを代行してくれるところもあるので、便利です。このようにさまざまな種類があるので、自分にあった方法を見極めるのが大事です。