ユーザー車検代行とは

車検にはいくつかの種類があります。選び方によって車検の内容と費用が違ってきます。

 

もっとも一般的なのがディーラー車検です。

 

これは車を購入したディーラーにすべておまかせで車検をやってもらう方法です。手続きなども全てやってくれますし、資格を持った専門スタッフが検査してくれるので安心できるメリットがあります。ただし費用は高めになります。その他に車検専門業者に依頼する方法があります。ディーラーに比べて割安な値段で行えるのがメリットです。事前の見積もりや車検内容について相談しながら決めるられるので予算に合わせた車検が可能です。大手の専門工場では民間車検場の指定を受けているところもあるので、ディーラーと遜色ない安心できる整備を行ってくれます。最近人気があるのがユーザー車検代行という方法です。これは車の知識のあるユーザーが、自分で陸運事務所に運び込んで検査を受けるのです。そのため自分で整備やパーツの交換などができる人でなければ不可能です。すべて自分でやるので、必要なのは法定費用だけで、車検代行料などはかからないのです。そのため最低限の出費ですませることができます。

ギター02

新車で購入した場合での初車検などでは、検査をパスする確率は高くなります。

コメントは受け付けていません。