車検証に記載されているのと違う形式のエンジンを搭載している場合

自動車の車検って色々なチェックポイントが有るのを知っていますか。

 

ここでは車検に通らないポイントを挙げて行きたいと思います。タイヤだったらスリップサインが消えてまで走っている場合、溝が無いということなので交換をした方がいいです。またタイヤの幅が大きて、車体より外側へハミ出している場合やホイールが大きく破損していてエア漏れの危険が有る場合などは車検に通らないです。このようにタイヤだけでもいくつかのチェックポイントが有り、車検を通過するのは大変だということです。その中でも車検証に記載されていないエンジンを積んでたら車検は通らないです。まずは載せ替えたら構造変更申請をしなくてはいけません、陸運局に保安基準を満たしていると認定されなければなりません。これが認定されれば保安基準を満たしている改造車と認められるので公道を走ることが出来ます。また申請をしなくてもいい場合が有り、形式や排気量が変わらない限りパワーを上げてもは必要ありません。

 

 

つまりNAエンジンからターボに付け替えても同形式であれば申請しなくてもいいのですが、排気量が変わるのであれば申請をしなければいけません。改造車が公道を走るには事故の危険があるので、車険でもチェックが厳しくなるんです。

コメントは受け付けていません。