ユーザー車検について

一般的に車検とは自動車ディーラーや修理工場に車を持ち込んで行われ、割と高額な費用がかかります。ギター01

 

そこで費用を少しでも安く抑えようと最近車の所有者自らが自動車検査登録事務所や運輸支局等に車両を持ち込んで車検を受ける方法が増えてきています。このように車検をユーザー自身が受検することをユーザー車検といいます。車の点検、整備を自身ですることになるのでそれ相応の知識と技術が必要となってきます。消耗商品の交換も自分で管理しブレーキ残量等も自分でチェックしなければなりません。具体的な車検の流れは、まず現在の自動車が車検を受ける状態であるかをチェックします。一例では、機能、装置のチェック内容としてワイパー・ウィンドウォッシャー、ホーン、マフラー、ドライブシャフトブーツ、ステアリングブラックブーツの項目などが挙げられ、これら以外にも様々な「車検に合格する最低限の確認事項」があります。これは受験予定の運輸支局に確認する必要があります。次に必要な書類、車検費用の準備をしインターネットや受検する運輸支局へ電話し予約します。そして車検当日の流れはまず運輸支局の近辺にある民間の予備検査場にて最終調整を行い、運輸支局で用紙を購入、作成します。そして自動車重量税、検査手数料を支払い、自賠責保険の継続加入手続きと、納税確認を行い、車検の受付となります。

 

 

自身で自動車にのり検査コースで受験を行い無事合格すると車検証が交付される、という流れとなります。車検費用は自動車重量税と自賠責保険の他に検査手数料がかかります。

コメントは受け付けていません。